イタリア食材通販のil Bianco(イルビアンコ)

「オリーブオイルの美味しい摂り方」 日常生活でのオリーブオイルの食べ方のご参考になさっていただければ幸いです。

[投稿日] 2015-11-12   [最終更新日] 2015-11-12


以前、南イタリアを回った時に立ち寄ったバルレッタという町の食堂の一コマ。店名は忘れました。オーダーしていないのにどんどん料理が出てきた店でした(笑)でもお会計も良心的でしたよ。カプレーゼのお皿ご覧ください。そう、トマトよりモッツアレッラの方が大きい皿です(笑)お皿のしたにオリーブオイルが「池」のようになっているでしょ?鮮度が良いと全然油っぽくありません。先日、日本のとあるお店でカプレーゼ食べた時、劣化してしまったオリーブオイルで。ものすごく残念な気持ちになりました。ああいう経験をされた方は、「何にでもかけて良い」と言われても腰が引けてしまうのだと思います。

以前、南イタリアを回った時に立ち寄ったバルレッタという町の食堂の一コマ。店名は忘れました。オーダーしていないのにどんどん料理が出てきた店でした(笑)でもお会計も良心的でしたよ。カプレーゼのお皿ご覧ください。そう、トマトよりモッツアレッラの方が大きい皿です(笑)お皿のしたにオリーブオイルが「池」のようになっているでしょ?鮮度が良いと全然油っぽくありません。先日、日本のとあるお店でカプレーゼ食べた時、劣化してしまったオリーブオイルで。ものすごく残念な気持ちになりました。ああいう経験をされた方は、「何にでもかけて良い」と言われても腰が引けてしまうのだと思います。

健康のためにオリーブオイルを摂られたい方は、たくさんいらっしゃると思います。
しかし、「摂り方がいまひとつ分からない」「バターの替わりにパンにつけるくらい」
こんなお話しを店頭に出ている時に、良くお聞きします。

どういう料理が良いのか、
実は、とても簡単。
何にでも、かければ良いのです。

とりあえず、思いつくままに書きます。
和洋中関係無く

・ラーメンで、添付されている「油」の替わりに、エクストラバージンオリーブオイルを加える
※塩ラーメンと、カルダモンフレーバー付きオイル。これ絶品です。でも欠品中です申し訳ありません。

・納豆の仕上げに入れる。

・焼き魚(冷凍でパサついてしまったホッケとか)焼いてからひと回し+レモン

・コールスローを作る時、マヨネーズを加える前にオリーブオイルを入れて、マヨネーズの量を減らす

・冷凍の鰹のたたきに、切ってからひと回し

・鶏肉料理を作る時、皮から焼いて鳥の油分を出して、替わりにオリーブオイル
※鳥肉独特の臭いが無くなります。鶏肉が嫌いな方お試しください

・時季外れですが、素麺の付け汁に加える

・「豆腐に」というのは、良く聞きますが、木綿豆腐をきっちり水気を抜いて、オリーブオイルを加えるとチーズの様になって美味しいです。

・鶏肉と同じように、挽肉料理を作る時も、油分が抜けるくらいパラパラに炒めてから、オリーブオイルを加えて、カレーや麻婆豆腐。

要点としては、
「鮮度が落ちてしまったりしたことが原因で、美味しくなくなった食品の油分を、良質なオリーブオイルの油分と入れ替えてしまう」

こういうことです。

そうすれば、カロリーを気にせず、オリーブオイルをたくさん摂れます。
それに、ものすごく美味しくなります。

と、拙宅の冷蔵庫の中を思い起こしつつ、夕食のメニューを考えながら書かせていただきました(笑)
毎日メニュー考えるのは、なかなか大変ですよね。
ご家庭で台所を預かってらっしゃる方々、尊敬申し上げます。
私の品が、何かお役に立てれば幸いです。

最後に、「卸の営業に伺わさせてください」と昨日書きましたら、何件かご連絡いただきました。
嬉しいやら、ビックリしたやらです。
本当にありがとうございます。
順次ご返信申し上げております。

株式会社 il Bianco 加藤昭広


コメント