イタリア食材通販のil Bianco(イルビアンコ)

フラントイオ・ビアンコのタジャスカオリーブが、2015年度MONNAOLIVAコンクールにて、最優秀賞を受賞しました。

[投稿日] 2015-08-26   [最終更新日] 2015-08-26


少し前の話になってしまいますが、私の取引先が大変な賞を受賞したと連絡が入りました。
今記事を書いているオーガニック農園を営むブルーナ家です。まだ書いてます(汗)

受賞した品は、私も扱っております。タジャスカ・オリーブの塩水漬け
その実を搾って作ったオリーブオイルが、エクストラ・バージン・オリーブオイル BIOLOGICA 500ml

写真は、現社長で息子のフィリッポ。
彼と私には同じ頃産まれた子供が二人いて、会う度にプレゼント交換したりしております。
子供の話題は、日伊ほぼ同じ内容(笑)
農園主の親父さんは、やはり授賞式には、行かなかったのだと思います。
良い笑顔です。しかし歳とったなぁ、私もですが(笑)

Sig.Filippo Bruna

フラントイオビアンコ(カーザブルーナ)からのメールです。下に日本語訳あります。
Le Olive Taggiasche di Frantoio Bianco vincitrici al Concorso MONNAOLIVA 2015 per le Migliori Olive da Tavola

Si è tenuta sabato 27 giugno a Cerignola (FG) la premiazione del Concorso MonnaOliva 2015 – Concorso Nazionale per le Migliori Olive da Tavola, indetto da U.M.A.O., Unione Mediterranea Assaggiatori di Olio, d’intesa con L’Associazione Nazionale Donne dell’Olio.

Il premio – come dichiarato dagli organizzatori – è destinato a individuare le migliori olive da tavola nazionali, si propone di risvegliare l’interesse e la conoscenza di questo prodotto tipico, dovuto alla sapienza di chi ha cercato di applicare ai frutti dell’olivo la massima espressione delle proprie capacità lavorative e del proprio gusto che diffondendosi nel mondo è diventato patrimonio universale.

Frantoio Bianco ha partecipato alle selezioni con le olive taggiasche in salamoia, che si sono aggiudicate il 2°posto nella categoria “Olive cangianti al naturale” ed il 1° premio assoluto per la categoria Taggiasche.

L’azienda agricola della famiglia Bruna, proprietaria di Frantoio Bianco, possiede oltre 6.000 piante di ulivo taggiasco, per una superficie totale di circa 26 ettari, tutti nell’Alta Valle Impero e prevalentemente intorno all’abitato di Aurigo. È proprio nel paesino di Aurigo che la famiglia Bruna ha incominciato nel secolo scorso la conduzione del frantoio che ancora oggi, pur con le modifiche richieste dalle nuove regolamentazioni a tutela della salute, da cinque generazioni produce olio extravergine di olive taggiasche. Le stesse olive che vengono tradizionalmente messe in salamoia con le tipiche erbe liguri e in modo del tutto naturale, senza aggiunta di alcun accelerante, dopo circa 6 mesi sono pronte per essere gustate sulle tavole di tutti i clienti di Frantoio Bianco.

日本語訳です。

フラントイオ・ビアンコのタジャスカオリーブが、2015年度MONNAOLIVAコンクールにて、最優秀賞を受賞しました。

6月27日(土)、Cerignola(FG州)で、MonnaOliva2015の授賞式が執り行われました。MonnaOlivaは、U.M.A.O.(Unione Mediterranea Assaggiatori di Olio地中海オリーブオイル・テイスター組合)および、L’Associazione Nazionale Donne dell’Olio(全国オリーブオイルの女王協会)とが共催する、テーブル用(食用)オリーブのための全国コンクールです。

この賞は、コンクール運営者の談によれば、国内で最高級の食用オリーブを発掘し、イタリアの伝統食であるテーブル・オリーブ製品に再び関心を集め、おいしさを再認識してもらうと共に、オリーブの実のおいしさを最大に引き出す努力を惜しまない生産者を広く世に紹介し、ひいてはイタリア国家の財産としていくことを目指しています。

フラントイオ・ビアンコは、「タジャスカオリーブの塩水漬け」で選考にのぞみ、2部門で入賞。「自然に多彩な色に変化するオリーブ」部門で第二位、「タジャスカオリーブ」部門で第一位に輝きました。

フラントイオ・ビアンコを運営するブルーナ家は、Aurigo村の周辺およびAlta Valle Imperoの丘陵地に、表面積にして26ヘクタールの農園をもち、タジャスカオリーブの木を6000本余り所有しています。ブルーナ家がAurigo村の地にオリーブ工房(搾油所)を開いたのは前世紀のことです。以来、食品衛生法や規制に対応しながら、五世代にわたり、今日までタジャスカオリーブのエクストラバージンオリーブオイルの生産を続けてきました。その、同じオリーブの実を、リグーリア州の地物のハーブを配合した塩水で、一切余計な手や薬品(浸透促進剤など)を加えることなく、自然にじっくり漬けるのが、ブルーナ家伝統のレシピ。こうして6か月経つと、フラントイオ・ビアンコ特製のタジャスカ・オリーブ塩水漬けが出来上がるのです。

参考資料(イタリア 語)

http://www.monnaoliva.it/vincitori2015.html

https://ja-jp.facebook.com/pages/MONNA-OLIVA-Premio-per-le-migliori-olive-da-tavola/566936910028358


コメント