イタリア食材通販のil Bianco(イルビアンコ)

秋と言えば”ポルチーニ”

[投稿日] 2015-09-16   [最終更新日] 2015-09-16


今日は、オリーブオイル以外のお話しを。
イタリアも秋には美味しいものがたくさんあります。

トリュフやポルチーニのキノコ類
そのほか、たくさんありますが、今日は、ポルチーニについて

実は、ポルチーニには、トリュフと同じく初夏物もあります。
しかし、やっつぱり秋のものの方が美味しいと私は思います。

このポルチーニ茸ですが、、近年気候変化の影響でイタリア産は減ってきているようです。
イタリア国内で見られる大ぶりのもの、特に乾燥物に関しては東欧産の品が多く出回っています。

イタリア産のものは、乾物より高価で売れるので、フレッシュで売られることが多いようです。
それに鮮度が大事なので、地産地消が大事なのでしょう。

なぜ鮮度が大事かと言いますと
虫に食べられちゃうのです。
ちょっと古くなると、虫食いだらけになります。

そのような品は、天日で干すと虫が逃げ出すので、乾燥ポルチーニにします。

奥側に写っている品でしたら、そのままスライスしてサラダで食べられます。

奥側に写っている品でしたら、そのままスライスしてサラダで食べられます。

美味しいポルチーニの目安は、傘が開ききっていないもの
写真の奥側に写っている品が、それになります。

このポルチーニ、住んでた所の近所のスーパーで買ったものです。
イタリアの収穫の秋は、生活感のある地元の人向けの市場やスーパーにあります。

彼らの食卓は、実に豊かです。
再来週行く予定ですので、このあたりもご報告できればと思います。

リゾットに関しては、北イタリアの東側と西側で、考え方が違い、調理法も微妙に違います。お米も数種類あり、レパートリーが豊かです。お米の種類ですが、日本の「銘柄の違いからくる味わいの違い」なんてものよりも差が大きくて、お米の大きさから違います。お米の話だけで、ブログ2.3本書けそうです(笑)

リゾットに関しては、北イタリアの東側と西側で、考え方が違い、調理法も微妙に違います。お米も数種類あり、レパートリーが豊かです。お米の種類ですが、日本の「銘柄の違いからくる味わいの違い」なんてものよりも差が大きくて、お米の大きさから違います。お米の話だけで、ブログ2.3本書けそうです(笑)


最後に、以前の記事ですが、ポルチーニのリゾットのレシピです。
よろしければ、ご参考になさってください。

株式会社 il Bianco 加藤


コメント